読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪オフなど。(後編)

味園ユニバース到着。「WONDER WORLD vol.20」~二周年SP~ というアイドルが中心に出演するイベント。

 

f:id:wucha:20161202093606j:plain

(Time Table)

ドリンクチケットを買って地下へと降りる。到着した15時半頃の演者は、結城リナという元AV女優の方かな? バンドを従えてロックっぽい曲をやってる。結構綺麗な人だ。会場もわりと盛り上がっている。バーカウンターでドリンクチケットをハイボールに引き換えて一杯やりながらまったり眺める。味園は、元キャバレーか何かを改装しているような会場。昭和のクラブのようなソファがフロアの周りにずらりと並べてある。フロアもステージも並のライブハウスより広い。そして音響もかなりいい気がする。会場後方では、エミュリボンという大阪に新しくできたライブバーのキャストがカフェやチェキなんかをやっている。エミュリボンはこのイベントの主催者・栗原ゆうさんと、吉河順央さんがプロデュースしているお店だ。キャストはどの子もかなりレベルの高いルックスに見える。ぐるっと会場を見て周り、ステージの方に戻ると、先に出演を終えていた麻美ゆまがゲストとして登場しコラボする。一時期は病気をされて、かなりしんどそうな風貌になっていたが、この日は普通にかわいく健康そうに見えた。わりと盛り上がったステージだった。

ステージの転換が始まると、まだかなり空きがあったフロアに人がなだれ込み、ほとんど満員まで埋まる。そして、藤井隆が登場すると、会場は一気にヒートアップ。一曲目がナンダカンダ! フロアから歓声があがり、皆踊り始める。 

https://www.instagram.com/p/BNQ84cBBZ-2/

 

藤井「こんなかわいらしい方ばかりの現場でね。私みたいな中年のおっさんが来てもこんなに温かく盛り上がって頂いて、ほんと皆さん最高です!」

ヲタク「かわいいーーー!!!!!」

藤井「中年(ヲタク)が中年(藤井)をかわいいとねw ありがとうございますw」

なんてMCが入り、2曲目はEDMのような楽曲でさらに皆踊りまくる。宇多丸をフィーチャリングしたノーナ・リーヴス作の曲もやり、

藤井「最後は神戸が生んだ天才。tofubeats氏の楽曲でディスコの神様!」

30分あっという間のものすごい熱量のステージが終わった。バックDJの顔に見覚えがあった。最後に紹介される。DJミッシェル・ソーリー氏だ。(ex.ミッツィー申し訳)

これを見ただけでも来た甲斐があったというくらいのいいステージが見れた。

そして、転換。フロアの観客の半数くらいが座席やバーの方に戻り始める。

一人のヲタクが叫び出す。

「おい、なんでおまえら帰るんだよ!! 次はamiinAのステージなんだぞ!? 今帰ったやつらみんな◯ねええええええ!!!!」

ああ、久々に大阪のアイドルの現場に来たなーという感じがしたw

 

amiinA登場。初めて見たけど、中学生くらいに見えるとてもかわいい女の子二人組。後方のスピーカーの前で聴いてたけど、楽曲のクオリティーはとても高いと思う。会場の客もそう思ったのか、徐々にフロアに人が戻り、最終的に7割くらい埋めてたかな。ただ、セトリが似たような曲が多く冗長に聴こえたのと、MCが幼すぎて拙い。そこはもうヲタクが愛でいつも埋めてるんだなという気がした。ちょっと音源欲しい気にはなった。

 

転換。珠麟登場。ジャジーな曲をやるシンガー・ソングライター?の女性。美人な感じ。けど、どうにも会場がアウェイな感じがする。amiinA以上に観客の反応も薄い。ちょっとかわいそうな感じになっていたが、温かい(?)ヲタクはフロアで踊っていた。僕も次の演者はフロアで見たかったのでフロア後方にあがって見ていた。もう一杯飲みたくなるくらい僕とは波長が合わなかったなー。

 

そして、転換。ガチ目のヲタクが会場前方中央を陣取り始める。中央後方にはエミュリボンのキャストの子も来る。明らかに期待値が違う。イントロが流れてすぐに僕もアガる。 Wienersの姫君バンケット!柚餅子みこがステージに来た。

f:id:wucha:20161202101609j:plain

 

柚餅子は秋葉原カリガリというカレー屋さんに勤めるアイドルで、吉河順央の弟子。もう、ここからは僕もヲタク全開になり、歌うし、MIX打つし、手拍子もするしと盛り上がっていく。横のガチオタの方々はもっとすごい。ヲタ芸も全力。コールも全力。サークルモッシュも起こるし、リフトも起こる。初めて「アイドル」の現場に来た人は、そのハードコア具合にビビるだろう。エミュリボンのキャストもサークルモッシュには巻き込まれないようにしながら踊っている。もう、僕も後ろは振り返らなかったが、フロアもほとんど埋まっていたと思う。オリジナルを挟んで、終盤はブルーハーツ二連発。柚餅子の推し色の緑のペンライトの光がフロアに輝いていく。

f:id:wucha:20161202102331j:plain

 最後は柚餅子がステージからフロアに降りて緑の光のケチャに包まれ終わった。おそらくここまでのライブのピークぐらい盛り上がった。そして、そのまま次は師匠の吉河順央のライブへと続いて行く。

 

吉河順央。一曲目からアキバのフロア・アンセム Strawberry Fiction(ストフィク)。もう最高。都合でブクガが見れなくなったけど、これを聴けただけで味園に来た意味を最大限回収している。柚餅子以上の盛り上がりは難しいんじゃないかと思ったが、順央さんのライブの巧さ、歌の安定感、MCのすべらなさ、楽曲の良さで、さらにヲタクが盛り上がっていくのがわかる。レジェンドはやっぱりすごい。なべたべタイムまで聴いて最高に高まったけど、この後待ち合わせがあるので、ものすごく後ろ髪を引かれる想いながら会場を去る。これで新曲を聴いていたら、たぶんライブ最後まで聴いて遅刻しただろうな。一応、物販にだけ戻ろうと、再入場できるように手の甲にスタンプをもらう。まあ、結果的に戻れることはなかったのだけどw というわけで、味園最高のライブだった。

 

さて、今回の旅のメインその2。というか、こっちがメインなのだが、オフ会の待ち合わせに。19時15分に心斎橋ということで。一旦シャワーに戻ろうかなんて予定だったけど、叫び過ぎて喉ガラガラで時間ギリギリになってそのまま向かう。19時には心斎橋に着いた。「出口どこにします?」とメールが来るので、「じゃ、わかりやすいから1番から出るわ」と。

https://www.instagram.com/p/BNRP-dhhFZb/

一番出口は、ヲタクに不似合いなルイ・ヴィトンの前だったw

まだ、待ち合わせの二人が来ないので、ミラーレスを取り出してイルミネーションを撮ってみる。

f:id:wucha:20161202104050j:plain

あまり上手には撮れなかったけどね。

 

そして、もうほんの少しすると、ふいに、後ろから手を引かれた。「こんばんわ!」ということで、かわいい女子が二人来ましたこれ。CちゃんとNちゃん。Cちゃんはビデオ通話したり写真で見てたけど、実際は、「かわいい」とより「美人」に近い感じだった。Nちゃんは声だけしか聴いてなかったけど、Cちゃんに聴いていたとおりの雰囲気のかわいらしい子。じゃあ、ぼちぼち予約してたお好み焼き屋さんに歩いて行こうということになったんだけど、

C「うーさん、あのね。私、気づいたんですけど、予約してもらったお好み焼き屋さん、私、初めてですw」俺「え?w」C「本店じゃなくて、最初に間違って予約したアメ村の店の方であってましたねw」俺「そっかw まあ、地図見ながら行こうよじゃあ」

ということで、歩き始めたんだけど、最初完全に逆方向に行ってたw 途中、もうひとりのT君からも連絡があり、T君とは店で待ち合わせということで。10分くらい歩いて、ちょうど予約の時間の19時半ぐらいに店に到着する。

席に着いた途端、T君も即座に来た。予想してた30前半のおっさんじゃなく、25歳の全然若い子だった。とりあえず飲み物頼んで、乾杯〜。お好み焼きも一人一枚ずつ頼んだ。まあ、楽しい話を次々したんだけど、だいたい載せられないんだよなw 

https://www.instagram.com/p/BNRZEGZBedm/

(左:Nちゃん、右:Cちゃん ハンドサインが不適切なのはご愛嬌。)

共通の知り合いの話とか、学生の頃の話とか、映画の話とか。3人にそれぞれ誕生日プレゼントまで頂いてしまった。Nちゃんが、日本酒飲めるようになったので、飲んでいいですか?と言うので、「もう、おごりだからどんどん飲んじゃって」と言ってしまったら、冷酒の瓶を3,4本グビグビいかれてw すごい飲みっぷりだけど、飲み方がかわいいのでついつい飲ませてしまった。Cちゃんはものすごいパリピ感溢れてて、エピソードもだいたい載せられないような子なんだけど、一滴も飲めない。性格も対称的な二人だけど、なんか気が合って仲がいいのもわかる気がする。そんな不思議な魅力のある子たちだった。T君は、僕の大学の後輩のようだった。爆笑王という触れ込みだったが、わりとおとなしくしてた印象だけどなw まあ、僕や女子が濃かったせいか。

二時間弱くらいしたら、もうひとり僕の大阪の友達で、以前にも飲んだ恒夫から連絡があり、合流した。お好み焼き屋は店も席も狭いので店を変える。

https://www.instagram.com/p/BNRi43Xh7dM/

少し雨がぱらつく中、近くの小洒落たそば居酒屋に入る。女子2名が大阪府内ながら少し遠く、明日の朝も早いので、せっかく日本酒を覚えたNちゃんに獺祭でも飲んで覚えてもらおうとここに。

そば居酒屋るちん

食べログそば居酒屋るちん

料理もお酒もおいしいし、サービスもよく大人のお店だった。Nちゃんに獺祭を味見してもらったんだけど、もうこの時点でベロベロにできあがっていてw もう少し早く店を変えてればよかったなと反省する。やっぱ、お好み焼き屋の山田錦の冷酒瓶じゃ悪酔いしちゃうわな。帰り際、Nちゃんが恒夫の靴を履いて帰ろうとして、恒夫が慌てて止めるくらいまで飲ませてしまった。付き添って送り届けるCちゃんにも悪いことしちゃったな。ただ、ほんと楽しかった。また会いたい二人だった。

 

最初に頼んだ一杯と料理を軽く片付けて、T君も滋賀まで帰る電車に。恒夫は最初から僕と裏なんばの方で2時くらいまで行くつもりで、あっちにもうチャリを止めて来てるという。T君と駅で別れて日本橋に引き返し、ホテルでTシャツを代えて裏なんばの方に。どうせだから味園ユニバースの上の怖そうなとこ行ってみようぜ。ということで、0時前くらいに味園に戻る。

https://www.instagram.com/p/BNRtoFdhbst/

結論から言うと、そんなに怖くなかった。変わったお店も軒を連ねてたけど、手頃な値段だし、雰囲気のいい普通のバーもたくさんある。落ち着いて大人(おっさん)の近況を語りあう。音楽の話や、家庭の話やなんか。ここと、もう一軒で腰を落ち着けて、スコッチだけで飲み方はゆっくりと。最後にもう一軒だけ、味園横の虎目横丁ってとこで、僕は角ハイ、恒夫はビール。恒夫がビールも飲みきれないくらいの風邪気味なんで、それでお開きとする。飲んだな。恒夫パイセンがおごりまくってくれて申し訳なかったっす。でも、いろいろ話聴いてくれて僕もいろんなものがスッキリした。ありがとうございました。

 

11月29日(日曜)

 

まったり買い物とかして帰宅。

飲んで歌って踊った36歳。

楽しかったです。

 

 

大阪オフなど。(前編)

久しぶりに。

 

11月25日(金曜日)

午前10時半、地元の駅に到着。駅前のパン屋のカフェスペースで、イギリスパンのサンドイッチとアイスカフェラテで朝食。キヨスクでおみやげを買い、11時にバスに搭乗。Macで動画を見たり、東京ポッド許可局の「この世界の片隅に論」等を聴きながら。

15時半頃、大阪駅着。御堂筋線梅田駅まで少し歩いて、梅田→なんば→日本橋

ホテルにチェックインしようとしたら「17時からです。」と言われるので、荷物だけトランクルームに預け、その足でK2レコーズに行きCDを物色。ラブリーサマーちゃん等の流行りの新譜や、幻の名盤解放同盟のコンピ等の濃い昭和歌謡モノ、和ジャズ、洋ジャズ、レアグルーヴ、ライトメロウ和モノ、JB周辺のレディ・ソウルなんかを選んでぴったり30枚のパックで借りる。

18時前まで店にいたのでホテルに戻りひと休み。お洒落っぽいカプセルホテルのデスク付き個室の部屋。結構いい感じの設備だなと思ったけど、後々腹の立つことにいろいろと気付く。後述。

初日は誰とも予定を入れてなかったので少し前から食べログで検索していたお店を参考に裏なんば周辺を散策する。日本酒のかなりいい銘柄が揃って、たった1480円で飲み放題の店を見つけたのでそこに。

祐星 ウラなんば店

食べログ祐星 ウラなんば店

https://www.instagram.com/p/BNOnrsABcCO/

 このラインナップが1480円で飲み放題って破格では。

https://www.instagram.com/p/BNOny2PBrs4/

磯自慢と付き出しから。

https://www.instagram.com/p/BNOn91BB1xt/

刺し身盛り。カツオ、天然ヒラメ、太刀魚で500円。

 

https://www.instagram.com/p/BNOovxRBX6g/

アテ盛り。ポテサラ、梅クラゲ、カニ味噌の3種で480円。

 

安い。安すぎる。き六のロックも挟んで、日本酒7、8杯は飲んでしまった。

 

https://www.instagram.com/p/BNOvu2YBeV6/

あと2品ほど頼んで、〆につくね。チーズと大根おろし。大きい。各200円。

全部で4000円ぴったりくらい。ベロベロ。

久しぶりにこんなに飲んで最高な気分。

 

https://www.instagram.com/p/BNPGr_wBD91/

明日ライブを見る会場の味園ユニバースも歩いてすぐのところ。怪しく輝きながらそびえ立っていた。この日も誰かのライブがあるのか、入口前には行列ができていた。

 

この辺りも数度訪れているので景色も見慣れてきた。徒歩でホテルに戻り、隣のローソンで水を買う。あれ、水? 六甲のおいしい水を買ったつもりでいたが、カルピス入りの甘い水を手にとっていたようだ。部屋で飲んで吹き出しそうになる。それぐらい酔った。

で、この時になってやっと気づいたのだけど、このカプセルルーム全体に暖房が入っていない。めちゃくちゃ寒い!さらに、僕の個室の壁一枚挟んだ隣が、朝食を食べたり軽くビールなんか飲めるカフェ・バー。そこの客の話し声が丸聴こえなのだが!うるせえよ!そこそこ高い金払ったのになんなんだこりゃ。これじゃビジネスホテルの方がだいぶマシだよ。ただまあ、時期的なこともあるし、アジア系の観光客の増加も依然続いているのだろうか、大阪・京都でそこそこのホテルがなかなかとれない状況。こういうところに回せるお金が少ないのは辛いものだな。

2時くらいまでMacで作業したり、配信を見たり。明日のイベントの見たいメンツは夕方くらいの出番なので、ゆっくり寝るつもりでベッドに入る。だが、このロフトをよじ登るようなベッドも転がり込み辛い。もっと酔っていたら踏み外していたかも。このホテル次は使わないだろうなーと思いつつ就寝する。

 

11月26日(土曜日)

 

「はあ、よく寝れた」と思って目を覚ましたらまだ朝の7時半。カプセルホテルなので、ビジネスマン達が飛び起きるための目覚ましがアチコチから鳴り響いて合唱状態になっている。チェックアウトに遅れないのはいいことだが、10時まで寝たい人には地獄ではないか。これがカプセルホテルというものなのだろうか。シャワールームにシャワーを浴びに行く。ここはしっかりしていて綺麗。よくあるビジネスの安宿よりも、いいシャンプーやアメニティーを使っている。使い捨てのスポンジもいい感じだし、シェーバーやアフターシェーブのローションみたいなのも備え付けてある。だが、歯磨きで口を濯ぐためのコップはない。サービスのゆき届き具合と、至らなさ具合とのギャップが激しい。これは "もう少しがんばりましょう"というハンコを押されるだろう。

こんなに早く起きてもすることがないので、騒がしかったカフェスペースに行って朝食を頼む。600円でセルフサービス。サンドイッチの具材とパンが並んでいる。自分で挟んで食えということだ。ホットサンドメイカーも置いてある。使う気にはならない。コーヒーやオレンジジュースがおかわり自由なのはいい。ささっと食べて済ます。寒くて風邪をひきそうだけど、鼻をかむティッシュも備え付けてないので隣のローソンで鼻セレブを買ってくる。そして、これだけ早朝だと外でやることもないので、昨日借りたCDをリッピングしまくることにする。11時頃までに半分以上は片付いた。 ランチは行きたかったカレー屋に行こうと決めていたので部屋を出て向かう。

 

ドーム前千代崎というのは、日本橋千日前線から長堀鶴見緑地線に乗り換えて4駅くらい。京セラドームのあるところだ。みんなが降りていくのはドームの方の1番出口。BIGBANGの服を着てる人を数人見かけたんだけど、ライブがあったのかな? 僕が向かうのは閑散とした2番出口の方。そこから5分くらい歩いたところに目当てのお店はあった。

 

ロッダグループ

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270401/27056190/

スリランカ人の料理人が二人と、店を切り盛りしているおねえさんが一人。店内は10席のほどのカウンターと小さなテーブル席が奥に6席くらいか。席に着くと今日のスペシャルについて説明される。「今日はねぇ、イノシシと、鹿と、鮭の白子のカレーがありますよ。」ということで、 んーむ、どれも気になるな・・・。正直なところ一番気になったのは白子だ。鮭の白子のカレーなんて今まで食べたことがない。しかし、冒険し過ぎな気もするので、ここは少ーしだけ無難に肉のカレーにしておきたい。一番人気はレギュラーのマトンカレーだとおねえさんは言っているが、せっかくだしスペシャルにしときたいよなと思い、ここは鹿を選択してみる。ライスはバスメティ(バスマティ)を選択する。スリランカ人のお兄さんが僕の体格を見て「大盛りダヨネ?」と聴いてきたが、「普通でいいっすw」と答えておいた。

 

f:id:wucha:20161129111629j:plain

 「鹿肉のギャミラサ」

このスタイルのスリランカカレーは初めて食べる。フレッシュな野菜や果物が彩りよく盛られていて、上にとても辛い鹿肉のカレーがかかっている。「全部混ぜて召し上がってください」とのことで、混ぜ混ぜしてガッツリと一口頂く。これは・・、「うまーい!」と思わず声が出る。野菜の歯ざわりや果物の甘さとカレーの濃厚さが混ざって、サラっとしたバスメティライスに見事に合っていておいしい。辛味も混ぜるとそれほどでもない。辛さだけなら、東京で食べたカレーにもっと辛いものがあったぐらいだ。普通の盛りでいいよと言ったけど、量も結構あった。水はたっぷり飲む。最後に頂くバナナとミルクティーのおかげで、口が火事のまま帰らないで済む。1600円はちょっとお高い気もするが、たまーに食べに来るなら全然いい。他のカレーも試してみたいし。大阪に来るときはまた寄ってみたい店だった。

ライブまでもう少し時間があるのでまた部屋に戻る。清掃中かつ連泊するような珍しい客も僕くらいなので、従業員も、なんだかばつが悪そうな感じだが。部屋に戻ると、カフェの方からラジオの音声が爆音で聴こえてくる。まあ、掃除しながら聴いてんだろうし、怒ってもしょうがない。あと少し残ってるリッピングを片付けてCDも返してしまって、日本橋の中古CDショップとかをもう少し見て回ろうと思い作業する。

K2にCDを返し、日本橋のまだあまり行ってなかった奥の方を歩いて回る。行き交う大阪のヲタクは東京のヲタクとも違っていて独特な雰囲気がある。目当ての中古CDショップを見つけるが、これがさっぱり芳しくない。安くもなく、面白くもない。まあ、この店がつまんないだけで、他におもしろいとこがあるんだろう。ならばもう味園に向かうことにしようか。

(後半へ続く)

 

2015年聴いたもの

お久しぶりです。

ブログを持っていたことも忘れそうでしたが、久々に書きます。

よくある去年のベストソングものですけどね。

とりあえず買った(借りた)ものをリスト化しました。

 

Andreya Triana  - Giants (Deluxe Edition)
Avishai Cohen Trio - From Darkness
Awesome City Club - Awesome City Tracks (1、2)
Beth O'Reilly - Lost + Found
Bill Laurance - Swift
BILLIE IDLE - IDLE GOSSIP
BiSH - Brand-new idol SHiT
Brandon Coleman - Self Taught
Carlos Moscardini - Manos
cero - Obscure Ride
DAOKO - DAOKO
dCprG - Franz Kafka's South Amerika ~フランツ・カフカ南アメリカ
DJ MEGUMI'S BiS MiX
DJみそしるとMCごはん - ジャスタジスイ
Faint★Star - PL4E
Fridolijn - Catching Currents
GOMESS - し
Hiatus Kaiyote - Choose Your Weapon
Ibeyi -Ibeyi
Ivan Paduart - Enivrance
José González - Vestiges & Claws
José James - Yesterday I Had The Blues - The Music Of Billie Holiday
Josh Evans - Hope And Dispair
Kandytown × Nosh - Kruise
Kendrick Lamar - To Pimp a Butterfly
KID FRESINO - Conq.U.Er
KIRINJI - 真夏のサーガ
KOHH - YELLOW T△PE 3
LUI FRONTiC 赤羽JAPAN - リプミー
Maison book girl - bath room (24bit/48kHz)
Manu Delago - Silver Kobalt (Japan Bonus Track)
Mark Guiliana Jazz Quartet - Family First [Bonus Track]
Melanie De Biasio - No Deal
Moment - M O M E N T S
My Terrible Friend - Acoustic Covers
NRQ - was here
Ntjam Rosie - The One
Olive Oil - Cloud9
OMSB - Think Good
OMSB - Kurt Vandan Presents : "Do Nice" The Beat Tape (soundcluod)
PE’Z - Samurai Jazz only one ensemble COVER SELECTION
Pictured Resort  (soundcloud)
POLYSICS - HEN 愛 LET'S GO!
Punch Brothers - The Phosphorescent Blues
PUNPEE - お嫁においで 2015 feat. PUNPEE
RHYMESTER - Bitter, Sweet & Beautiful
SAKEROCK - SAYONARA
Shai Maestro Trio - Untold Stories
Shiggy Jr. - サマータイムラブ、GHOST PARTY
Sufjan Stevens - Carrie & Lowell
Sugar's Campaign - FRIENDS
Sunna Gunnlaugs - Cielito Lindo
tofubeats - POSITIVE、STAKEHOLDER
Tropics - Rapture
TwiGy × Moito - Suck My Trap
Tyondai Braxton - Hive1
Wienners - みずいろときいろ
The Yorks - The Yorks EP
Zhenya Strigalev's Smiling Organism - Robin Goodie
アイドリング!!! - SINGLE COLLECTIONグ!!!
あゆみくりかまき - 鮭鮭鮭、蜜蜜蜜
かせきさいだぁ - Mr. CITY HIP HOP
きのこ帝国 - 猫とアレルギー
キュウソネコカミ - ハッピーポンコツランド
クラムボン - triology
サイプレス上野とロベルト吉野 - コンドル
サ上と中江 - ビールとジュース
しょこたん♡でんぱ組 - PUNCH LINE!(妄想パンチラボイスComplete Edition)
ずんね from JC-WC - 14才のおしえて【おしえて盤】【女子トイレ盤】
チャットモンチー - 共鳴
テンテンコ - Good bye, Good girl
でんぱ組.inc - WWDD etc
ぱいぱいでか美 - 東京イメージトレーニング許可局
パスピエ - 娑婆ラバ
バンドじゃないもん! - Re:start
ふぇのたす - PS2015
フロリダ - FLORIDA
ベッド・イン - ♂×♀×ポーカーゲーム / 消えちゃうパープルバタフライ - EP
ボンジュール鈴木 - あの森で待ってる
まじ娘 - Contrast
ゆるめるモ! - Hamidasumo!
関取花 - 黄金の海であの子に逢えたなら
菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール - 記憶喪失学
空気公団 - こんにちは、はじまり。
原田知世 - 恋愛小説
狐火 - ネオニート
高田渡 - イキテル・ソング ~オールタイム・ベスト~
坂本龍一 - The Best of 'Playing the Orchestra 2014'
山中千尋 - Syncopation Hazard
私立恵比寿中学 - 金八
寺嶋由芙 - ふへへへへへへへ大作戦
柴田淳 - バビルサの牙
神聖かまってちゃん - ベストかまってちゃん
菅野美穂 - ゴールデン☆ベスト 菅野美穂
清竜人25 - PROPOSE
石若駿 - Cleanup
泉まくら - 愛ならば知っている
大森靖子 - 洗脳、マジックミラー / さっちゃんのセクシーカレー
土岐麻子 - Bittersweet
南壽あさ子 - Panorama
虹のコンキスタドール - THE☆有頂天サマー!!、にじいろフィロソフィー
非常階段 x ゆるめるモ! - 私をノイズに連れてって
妄想キャリブレーション - 魔法のジュース

コンピ
徳間ダンス・パーティー 選曲・監修:小西康陽
夜のミノルフォン・アワー 選曲・監修:小西康陽
クレイジーケンバンドのィ夜ジャズ

 

はい。150・・もうちょっとあるのかな。

ここから個人的なベストを絞るとすると、

 

Awesome City Club - Awesome City Tracks

BiSH - Brand-new idol SHiT

Carlos Moscardini - Manos

cero - Obscure Ride

DAOKO - DAOKO

dCprG - Franz Kafka's South Amerika ~フランツ・カフカ南アメリカ

Faint★Star - PL4E

Kendrick Lamar - To Pimp a Butterfly

Maison book girl - bath room (24bit/48kHz)

Manu Delago - Silver Kobalt (Japan Bonus Track)

Mark Guiliana Jazz Quartet - Family First [Bonus Track]

My Terrible Friend - Acoustic Covers

NRQ - was here

OMSB - Think Good

Shiggy Jr. - サマータイムラブ

Sufjan Stevens - Carrie & Lowell

Wienners - みずいろときいろ

ずんね from JC-WC - 14才のおしえて【おしえて盤】【女子トイレ盤】

テンテンコ - Good bye, Good girl

でんぱ組.inc - WWDD etc

バンドじゃないもん! - Re:start

清竜人25 - PROPOSE

大森靖子 - さっちゃんのセクシーカレー

虹のコンキスタドール - THE☆有頂天サマー!!

妄想キャリブレーション - 魔法のジュース

 

といった感じですかね。

特に順序はないです。

どっちが上とか言い出すとそれだけで一日終わりそうなのでw

 

寸評:

Andreya Triana 数年前 Flying Lotus に feat された頃から気になっていたシンガー。

そのことを忘れていて聴いたこのアルバムの曲が素敵だった。

Avishai Cohen Trio - From Darkness 少し曲調がダーク過ぎる感じがする。

Awesome City Club ちょっと驚くくらいの新人で、しかも知り合いの身内みたいなことで余計驚きました。そういうこと抜きにしてもいいバンドだと思います。

Beth O'Reilly - Lost + Found Bandcampでポチったシンガー。

私は憂鬱なことしか歌えないとかいうプロフィールに好感を持ちました。

Bill Laurance - Swift スナーキー・パピーのキーボードのソロ。

BILLIE IDLE ウイカ好きだけど、これはちょっと厳しかった。

BiSH - Brand-new idol SHiT 素晴らしい。僕も完全に清掃員です。

Brandon Coleman - Self Taught まだあんまり聴いてない。

Carlos Moscardini - Manos すごかった。アコースティック・ギターの極致では。

cero - Obscure Ride 邦楽のベストくらいに言われてますよね。僕も文句ないです。

DAOKO - DAOKO まあ、水星が素晴らしいし、かわいいからいいじゃない。

dCprG - Franz Kafka's South Amerika ~フランツ・カフカ南アメリカ

小田朋美さんのソロも買ったけど、ヤバかったなーという思い出。

マイルスが「若いやつと組め」と言ったのを体現している菊池さん。

DJ MEGUMI'S BiS MiX ヲタクアイテムとしか。

DJみそしるとMCごはん - ジャスタジスイ featねむきゅんに尽きる。

Faint★Star - PL4E  今日本一惜しいアイドルじゃなかろうか。

曲もいいし、僕はルックスも好きなんですけどね。売れてないっぽい。

以降、ちょっと端折っていきます。

GOMESS - し 好きなラッパー。でも、アルバムはそうでもなかったかも。

Hiatus Kaiyote - Choose Your Weapon ブルーノートフェスのPAがちょっと残念だったね。
José James - Yesterday I Had The Blues - The Music Of Billie Holiday

ホセ・ジェイムスは実はそんなに好きじゃないんだけど、このアルバムはよかった。

Kendrick Lamar - To Pimp a Butterfly 社会情勢というか、壮大な背景まで察することはできないんだけど、とにかく音とラップが凄い。まあ、ベストと言っていいんじゃないかと。

KID FRESINO - Conq.U.Er 日本語ラップはこの人たちの周辺もすごいな。

KOHH - YELLOW T△PE 3 毎日だな!

LUI FRONTiC 赤羽JAPAN - リプミー 元BiSリーダーのプールイのソロなんだけど、ちょっと音楽が物足りない。一番危うい印象がある。頑張って欲しいところ。

Maison book girl - bath room (24bit/48kHz) 矢川葵さんのかわいさ神々しい。

音楽も素晴らしかった。皆言ってるけど、3拍子のやつね。

ライブ行きたいっす。

Manu Delago - Silver Kobalt (Japan Bonus Track) 

柳楽さんのインスタ見てて、気になったアルバム。

ハングドラムのアーティストで、ビョークのツアーにも帯同してるとか。

これはなかなか素晴らしかった。

Mark Guiliana Jazz Quartet - Family First [Bonus Track]

ドミーハーながら、このアルバムもすごかった。ジャズで一番良かったと思う。 

My Terrible Friend - Acoustic Covers Bandcampで見つけたユニット。

それぞれソロのシンガーやバンド活動があり、どちらもクオリティー高い。

Bandcamp掘るの楽しい。安く買えるし、音もいいしね。

NRQ - was here

前作ノー・マンズ・ランドもよかったけど、今作も好き。
OMSB - Think Good
OMSB - Kurt Vandan Presents : "Do Nice" The Beat Tape (Performed By OMSB)

オムスもかっこよかった。

Pictured Resort  (soundcloud)

サウンドクラウドで気になった大阪のお洒落なバンド。

今年に期待ですね。

PUNPEE - お嫁においで 2015 feat. PUNPEE まあ、入れないわけにもいかない。

RHYMESTER - Bitter, Sweet & Beautiful

各方面絶賛なんでしょうけど、やっぱちょっとラップが固い。

いい意味で韻が固いとか、そういうことでもあるんだけど、

なんかやっぱ古いなっていう気持ちが拭えない。

若い人を聴き過ぎたかな?

SAKEROCK - SAYONARA 某友人の敵こと星野源

まあ、ソロはともかく、僕はこっちは嫌いじゃなかったですよw

Shai Maestro Trio - Untold Stories これもイスラエル勢っていうか、

アヴィシャイ・コーエンやマーク・ジュリアナに信頼されてるピアニスト。

やっぱりちょっとダーク過ぎる。母国の情勢がダークだから?

そりゃゲスの勘ぐりか。

Shiggy Jr. - サマータイムラブ この夏聴きまくったシングル。

MVはやっぱりダサかわいいを狙ったにしてもダサ過ぎるような。

Sufjan Stevens - Carrie & Lowell

今までは、皆が絶賛するほど好きじゃなかったけど、

今回のは泣けるレベルでよかった。素晴らしい。

Sugar's Campaign - FRIENDS 完全に過大評価じゃないかと思う。

Sunna Gunnlaugs - Cielito Lindo アイスランドの女流ピアニスト。佳作では。

tofubeats - POSITIVE、STAKEHOLDER 完全に過大評価(ry

Tyondai Braxton - Hive1 この人もなー。

元バトルズじゃなかったらちゃんと聴きます?って感じじゃないすか?

Wienners - みずいろときいろ 玉屋さん天才。新しいキーボードもいいね。

Zhenya Strigalev's Smiling Organism - Robin Goodie

これも変わってるけどおもしろかった。

アイドリング!!! - SINGLE COLLECTIONグ!!! アイドリングは推せなかった。

あゆみくりかまき - 鮭鮭鮭、蜜蜜蜜 このセンスは嫌いじゃない。

かせきさいだぁ - Mr. CITY HIP HOP 「いい曲もいくつかある」ぐらいの印象でした。

きのこ帝国 - 猫とアレルギー

前作かその前の「クロノスタシス」って曲の歌詞の入れ方は好きだった。

クラムボン - triology

大きく変えてきたって語ってたけど、いつもの感じだなぐらいにしか思わなかった。

僕はその程度のファンでしかない。

サ上と中江 - ビールとジュース まあ、かわいいじゃないですか。

しょこたん♡でんぱ組 - PUNCH LINE!(妄想パンチラボイスComplete Edition)

この商法はどうなんだw 好きだけどw

ずんね from JC-WC - 14才のおしえて【おしえて盤】【女子トイレ盤】

蒼波純ちゃんへの愛で買ったけど、曲もよかった。

りんねちゃんの方が爆発的に売れそうな気がしないでもない2016年。

テンテンコ - Good bye, Good girl 素晴らしい。アルバム出るのかな。

2015年のクリスマスにサンタコスでチキン売る仕事なんて捨てて、

テンテンコのブタゴリラと打ち上げに参加するのが正解だった気がしている。

でんぱ組.inc - WWDD etc

そう言えば代々木も2月だったっけ。遠い昔のような気にもなる。

いろんなアイドルが気になるけど、りさちー神は不動です。

ぱいぱいでか美 - 東京イメージトレーニング許可局 MVがエロすぎるだろ。

パスピエ - 娑婆ラバ 最初のシングルはよかった。

バンドじゃないもん! - Re:start ぐみてゃんだな。

ふぇのたす - PS2015 悔やまれますね。いいバンドだったと思う。

フロリダ - FLORIDA そもそもテンテンに才能がある。

ベッド・イン - ♂×♀×ポーカーゲーム / 消えちゃうパープルバタフライ - EP

このひどいルックスと無駄に歌がうまいの。

いろんな意味でヤバすぎた。

ボンジュール鈴木 - あの森で待ってる 何番煎じだよ感がね。

まじ娘 - Contrast いいと思ってた曲はどうやらカバーだったようだ。

ゆるめるモ! - Hamidasumo! 玉屋さんのリミックスが最高。

菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール - 記憶喪失学

これも今までのぺぺで一番よかったと思う。

空気公団 - こんにちは、はじまり。 んー、前作の方がよかったかも。説

私立恵比寿中学 - 金八

寺嶋由芙 - ふへへへへへへへ大作戦  最近またルックスがあがってる気がする。

もはや元BiSとか関係ない才媛だけど、やっぱりエモいロックも歌って欲しい。

菅野美穂 - ゴールデン☆ベスト 愛をくださいが聴きたかったから借りただけですw

清竜人25 - PROPOSE すごいユニットなんだけど、竜人これも飽きそうな気が。

泉まくら - 愛ならば知っている やっぱこれ系では一番の人じゃなかろうか。

大森靖子 - 洗脳、マジックミラー / さっちゃんのセクシーカレー

セクシーカレーが良すぎた。大森さんのコピバン祭りに行けたのもいい思い出だ。

あれは素晴らしかった。

土岐麻子 - Bittersweet あんま聴いてない。

南壽あさ子 - Panorama んーー。ルックスありきでは。

虹のコンキスタドール - THE☆有頂天サマー!!、にじいろフィロソフィー

有頂天サマーをハイレゾプレーヤーで聴いてみたらいいんです皆。

妄想キャリブレーション - 魔法のジュース この曲は夢子推せる。

 

最後まで読んでくれた奇特なあなた。ありがとうございます。

今年もよろしくお願いします!

 

 

 

栗の渋皮煮をつくったよ

旅行記のブログの方が滞っておりますが、ちゃんと書きます。

ちょっと息抜きで料理。

たぶん人生初のお菓子作り。

誰かのブログで読んで作りたかったところ、

ちょうど親父が南予の方で栗を1キロ程買ってきたというので。

お昼前から仕込んでみました。

 

 

分量 

 栗500g程に対して、砂糖250g。ブランデー大さじ1はお好みで。

 

行程

① 鬼皮は親父が剥いてくれていたので、さっそく茹で始めます。

  渋皮のついた栗を鍋に入れ、浸るくらいの水を張り、

  重曹10g程を入れ火にかけます。

  沸騰したら弱火から中火に火を落として10分くらい。

  途中浮いてきたアクを掬います。

 

https://instagram.com/p/8rfNNwO-rG/

 

  で、茹でこぼして流水で洗い、

  余分な渋皮を指の腹で優しく撫でるように落とす。

  栗に深く入り込んでいる筋が必ず一本以上ありますが、

  これは竹串などで剥がして落とします。

  鍋も水洗いで綺麗にしておきます。

  渋皮ごと茹でるので、紫色に染まっちゃいますからね。

 

  以上の行程を3回繰り返します。

 

重曹を抜く目的で水だけ入れた鍋で栗を茹でます。

  これは沸騰した後、5分くらい弱火で。念入りに2回やりました。

 

③ 味つけ。栗を鍋に入れ、浸るくらいの水を入れて火にかけ、

  砂糖を3回くらいに分けて入れつつ沸騰させます。

  砂糖が溶けたらキッチンペーパーで落とし蓋をし、

  20分程弱火で煮詰めます。

 

f:id:wucha:20151011180550j:plain

 

  火を止めてからお好みでブランデーをふりかけます。

  そのまま冷まして味を馴染ませます。

 

https://instagram.com/p/8sC3zvO-m5/

 

1時間程冷ましたものを味見しました。

んーむ、砂糖の半量を黒糖にした方がコクがあったかな?

まあ、しかし上々です。

少しだけ砂糖を足してもう一度沸騰させ、また冷ましておきました。

このまま明日まで置いて瓶詰めしようと思います。

それまで食べ尽くされずに残っていればの話ですがw

 

 

 

 

9月末の旅行記 その2

9月25日(金)

朝から起きてシャワー浴びて、メールやなんかして。

宿さんと約束してたので、お昼は木場のカレー屋さんに食べに行った。

 

tabelog.com

木場 カマルプール。

孤独のグルメで五郎ちゃんが食べてた、凝ったインドカレーのお店ですね。

食べログでもかなりの高評価で、たしかにおいしいカレーだった。

ただ、ランチカレーしか選べず、目当てのラムミントカレーや、

鯖カレーは食べれなかったんですよねー。

それだけがちょっと残念。

まあ、ランチの3種のカレーもどれもおいしくて、

海老と茄子のカレー(辛口)、チキンカレー?(辛口)

きのこのカレー(甘口)と揃っていてどれもおいしかった。

ナンもおかわりしてしまって、「うーさん食うの早過ぎるよw」と

宿さんに笑われる。

宿さんも「ほんとにうまいな。弟も連れてこよう」と言っていた。

 

あいにく昨日の夜からの小雨が降り続いてて、一旦ホテルに戻る。

スケジュールも意外と埋まっていて、今日行っとかないと

行きたい店回れないなと思い、夕方からまた電車に乗って東京方面へ。

明日えふさん達に会うからアキバの話題がしたいなと思い、結局秋葉原に。

 

18時半ぐらいだったかなー。

雨の中、「秋葉原カリガリ」というカレー屋さんに着く。(またカレーか)

 

tabelog.com

 

このお店は、でんぱ組のメンバーのねむきゅんこと、

夢眠ねむちゃんと一緒に、毎週水曜日USTREAMで番組をやっている

その相方、吉河順央ちゃんが制服のデザイン等のお店のプロデュースに

関わっているんですよ。

店内はでんぱ組のポスターにメンバーのサインがあったりして、

ああ、アキバに来たなーって感じです。

すぅちゃん(順央ちゃん)はいなかったけど、店内にいる若いお客達が

でんぱ組の話を店の女の子としていた。

「明日は小田原バスツアーでべしかわ行って、明後日からは河口湖も行く

んですよー!」と言うと、店員の女の子に「元気だなー・・w」とか、

言われていた。

昼にナンをおかわりしてまでカレーを食ったので、全然お腹すいてない。

が、カリガリカレーを食わない手もないので、

 

 

https://instagram.com/p/8DD8ksO-rC/

(二色がけに竜田トッピング)

 

ここのカレーは甘みを感じながらも、後から辛くなるタイプ。

食べやすいですね。左側の濃い色のカレーが好みでした。

右はココナッツなのかな?もう少し甘みが強いですね。

いや、全然おいしいです。

これで、すぅちゃんが持って来てくれたら90点超えてきます。

 

さっきの若いオサレイケメンのお兄さんたちが「ディアステも行くかー!」

って、感じで帰ってったので、僕はウォッカライムかなんか頼んで、

もう少し粘る。ここの店員の女の子もアイドルの卵だったり、なにかしら

芸能関係に近いらしく、この日お店に入っていた子は劇団四季で俳優をやって

いるようだった。

店員の子(あやちゃん)「お兄さんもでんぱ組のファンなんですか?」

俺「そうそう、りさ推しで。このサインさっき撮っちゃいましたよ」

https://instagram.com/p/8DE_n8O-r7/

あやちゃん(以下あ)「じゃあ、お兄さんも河口湖行かれるの?」

俺「いや、僕も行くつもりでいたんですけど・・・

  洒落っ気出してジャズフェス行くことになっちゃいまして・・w」

あ「うわ、お洒落だなっw」

俺「まあ、僕の友達がね。河口湖行くんですよ。その人達と明日オフ会で

  それで東京来てるんですけど」

あ「あ、そうなんだー いいですねー」

俺「まあ、その友達っていうのも、ねむきゅん推しが凄すぎて、

  妻子持ちなんですが、ちょっと家族の仲が危ういみたいなww」

あ「あらぁww」

俺「今日は四国からはるばる来まして」

あ「え、私も愛媛出身なんですよ」

俺「あ、ほんとですか。僕おみやげにじゃこ天買ってきたんですよ」

あ「ていうか、うちの実家がじゃこ天屋でした・・・w」

 

みたいな会話ができて、僕は満足しました。

あやちゃんが「せっかくだから、お兄さんもディアステ行かれたら?」

と言うので、実際まだビビッていたけど、ディアステに行くことに。

 

 

 

https://instagram.com/p/8DHoW9u-u4/

(とうとう来れた。秋葉原ディアステージ)

 

いやー、遂に来てしまった。

聖地。

カリガリも、ディアステも、皆思うはずだけど、意外とちっちゃい。

しかし、存在感はハンパないっす。

 

扉を開けるとカーテンがしてあって、それをくぐると早速ライブが始まっている。

ド緊張している。

入ってすぐディアガ(ール)に1000円払う。入場料とドリンク代。

 

「ライブは赤い柵の中で見てくださーい」と言われるんだけど、

もう結構パンパンになってて入り辛い。

何が入り辛いかって、ホンモノの強いヲタの皆様方が、

最前列で、とんでもないヲタ芸を打ちまくっていらっしゃるからw

ディアガは、フロアもやるし、調理もやるし、ライブもやるしっていう

そういうシステムなんですけど、ライブやってる女の子より、

このオタクの皆さんのパワーがすごいわ。まず。

ド肝抜かれてる間に二組のパフォーマンスが終わって、やっと会場に照明が点いた。

今思い出してもすさまじい光景だ。

でんぱ組のメンバーはあれを勝ち上がってきたのかと思うと、

さらに神々しい存在に思えてきた。

尊さある。(使い方間違ってそうなオタク語)

 

物販スペースの子にドリンクチケットは2階3階でも使えるの?と聴くと

大丈夫ですよーと言うので、2階に。

2階、3階はバーになっていて、その日ごとに出勤しているメンバーが違う。

ヲタは目当ての女の子のいる階で席を確保してから1階でライブを見ているようだ。

2階にあがる途中でんぱ組のレアなポスターなんかを見る。

ちなみに全館一切撮影禁止。

2階のチャージは1時間500円と、それから30分ごとに300円。

ワンドリンクでハイボールを選んで、フロアの様子を眺めていた。

今日はふうりちゃんという、結構ベテラン?の子のご飯イベント「ふうりめし」

目の前にふうりちゃんがいるし、ツイッターでよく見てたディアガの女の子たちが

当たり前ながらその辺に普通にいる。

皆写真より実物の方が全然かわいいんだけど、なんて言うんだろう。

アイドルっていう遠さが無さ過ぎて、普通のお店の子みたいにナチュラルに話してる。

この垣根の低さっていうか、距離が不思議だ。

そりゃ、アイドルだって普通の女の子だけども。

しかし、そうかと思えば、彼女たちのご飯を食べて(けして安くはないっすよw)

おいしいと言ってるし、女の子だけで来てるお客さんが、

ディアガとチェキを撮ってもらって「感動したー!今日はほんと最高な日ー!」

とか言ってる。

そうだ、一階のライブでも後ろの方では、女の子がマンガのように目を輝かせて

ディアガのライブを見ていた。

やっぱりこの距離、空間が不思議だ。

さて、そんな感じで巨体の俺がたいして話もせずケータイをいじってみても、

特にディアガから話しかけてくれるでもなくw

ふうりちゃんのデザートが8個限定で食べれますよー!ってじゃんけんが始まっても

俺は手をあげるでもなくw

前にいたカップルの子たちが2つ食べれてとても幸せそうにしてて。

いやー来れて嬉しかったけど、俺がひとりで来ちゃ悪いなーって気になったので、

まだ1時間も経っていなかったけど、お会計をしてもらうことに。

会計は霧島わかちゃんという結構前からフォローしてた子がやってくれた。

「今日は四国から来たんですが、来れてよかったです。

 ツイッターフォローしてますよ。また来ますねー。」

と、言うと

「ありがとうございますー!ほんとにまたいらしてください!」

と、そこで今日始めてアイドル対応をしてもらったかもしれないw

「お客様のおかえりでーす!」と見送られながら余韻を噛み締めて階段を降りましたw

 

さて、

ジャズのCDも見たいので、御茶ノ水のユニオンに寄ってこうかと。

20時過ぎでちょうどいい時間帯。

2000円くらいの新譜や、再入荷、レア本掲載なんて書いてるポップのCDを

勘で見繕って4枚くらい買ってホテルに戻る。

 

なんだかんだこの日も濃かった。

缶チューハイかなんか飲んで寝る。

 

 

 

 

9月末の旅行記 その1

 

ブログの存在ごと忘れそうなくらいサボっていました。

お久しぶりです。

東京に遊びに行った記録を残す為に薄れゆく記憶を辿りつつ、

何回かに分けて旅行記を書いていこうと思います。

 

 

9月24日(木)

朝6時には目が覚めた。

台風も近づいていたのか、秋雨前線だったのか。

なんらかの低気圧の影響で朝から土砂降りの大雨。

フライトが懸念されるなとハラハラしながらも、

高知空港以外は警報らしい警報もなく、

JALの7時台の便が問題なく飛んだようで一安心しました。

近鉄タクシーが空港まで送迎のシャトルバスを運行しているので、

それに乗って空港に到着したのが10時半くらい。

すっかり晴れてしまって、いいお天気になっていました。

 

f:id:wucha:20151004191825j:plain

松山空港

 

空港の食堂でたいしてうまくもないラーメンを1000円近くも出して食べ、

1時半頃のフライトで成田空港に到着。写真のANAではなく、貧乏人はJetstarですw

千葉の知人や空港関係の知人に聴いてましたが、第三ターミナルができたんですね。

これが、ほんとにひたすら歩かせてくれる。

陸上競技場みたいなトラックのレーンみたいのを敷かれてるんですが、

あれはなんだか小馬鹿にされてるようで、全くいい印象を受けませんでしたw

 

京成線を乗り継ぎ、しばし電車に揺られホテルに到着。

早速渋谷で Maison Book Girl というアイドルのリリイベ(リリースイベント)に

行こうかと思ったんですが、なにしろもう疲れちゃって。

移動だけでおじさん疲れちゃって。

ちょうどホテルのオーナー(いつもお世話になってる:宿さん)もいらしたので、

しばし歓談。「うーさんのワインとチーズ届いてるよ」ということで、

スケジュール的に他に開栓する日もないからそのまま飲んでしまうことに。

後日オフ会でこのことをラテンさんというおじさんに話すと、

「アイドルに転んでも、ワインに転んでもクズだねw」と言われるw うるせーw

https://instagram.com/p/8AZJRRO-pP/

(Barolo Serralunga D'Alba 2010)

https://instagram.com/p/8AbK4wu-rp/

(オッチェッリ・アル・バローロ、コンテ、ミモレット、タレッジョ)

バローロの搾りかすに漬けた、テストゥンの酔っぱらいチーズ。

これを宿さんに食べてもらいたくて、(自分も食べたくて)送ってみた。

あとはコンテも12ヶ月以上熟成したやつ、そしてミモレットも18ヶ月以上

熟成したもの。コナダニが月面のように侵食して覆っていた。

タレッジョはイタリアのウォッシュタイプのチーズ。

どれもおいしかったけど、さすがにこの量を二人で食べきれず、

タッパーに詰めて保存しておいた。コンテが特に食べやすくておいしかったな。

バローロのチーズはものすごく個性的だった。ミモレットのうまさは言うまでもなく、

タレッジョもそれほど癖がなくクリーミーだったな。

ワインの前にグランドキリンなんかも飲んでしまっていい感じに酔った。

久々に会って近況を語ったんだけど、その会話の内容はほぼぶっ飛んでしまっている。

まだ20時くらいだ。ラーメンでも行きますか?という話になり、

ささっと電車に乗って門前仲町へ。

「こうかいぼう」という有名なラーメン屋を目指してたどり着いたんだけど、

17時開店で18時半にはすべてのスープが売り切れてしまったと言われるw

そんな売れるならもっと仕込んでよ・・・。

「じゃ、親父とよく行く天ぷら屋が駅の裏側にあるから寄ろう」

ということで、小粋な天ぷら割烹に。

お刺身の盛り合わせが綺麗だし、おいしかったな。

銀だら西京、焼き秋刀魚を食べて、付け合せの里芋もよかった。

最後に天ぷらを盛り合わせで。ずっと焼酎を飲んで二人で1万円ちょっと。

大将もいい感じの人で、若い方は僕と同じく四国の人だった。

大人のお店だった。俺ひとりじゃなんだかみっともなくて敷居が高いかもなw

4,50日禁酒してた体にアルコールが染み渡り、自覚する程酔ったのも

本当に久々。

帰り道ラーメン屋を見つけて、じゃあこれも行こうとのれんをくぐる。

店の名前も忘れたけど、濃厚な味噌ラーメンだった。

こんなに酔っぱらいながらラーメンを食べたのなんて何年ぶりだろうか。

初日からすごいパンチを食らって旅の一日目が終わった。

 

海沿いのコーヒー屋さん

水曜日に海沿いのコーヒー屋さんに行ってきました。

その時の写真を貼っておきます。

 

f:id:wucha:20150809095619j:plain

 

「みんなのコーヒー」というお店です。

 

https://instagram.com/p/5_ckE3u-gJ/

f:id:wucha:20150809095958j:plain

f:id:wucha:20150809100120j:plain

 

注文したコーヒーは、「コロンビア・アンデス・コンドル」

 

f:id:wucha:20150809100422j:plain

f:id:wucha:20150809100506j:plain

 

海が見える。

 

f:id:wucha:20150809100624j:plain

 

レジ(金庫)周り。

地元のジャズ・ミュージシャンのCDが置いてありました。

店内も趣味のいいジャズ・ボーカルが流れていた。

ゆったりした枯葉とか。

誰のCDか聴いておけばよかった。

 

f:id:wucha:20150809100800j:plain

f:id:wucha:20150809100919j:plain

f:id:wucha:20150809101013j:plain

 

コーヒー豆の袋をかぶったバイク。

このサイドから海の方に出れます。

 

https://instagram.com/p/5_caotO-v_/

 

海側から。

ばっちり自分が写り込んでしまっているがw

 

f:id:wucha:20150809101224j:plain

f:id:wucha:20150809101254j:plain

f:id:wucha:20150809101324j:plain

f:id:wucha:20150809101355j:plain

f:id:wucha:20150809101438j:plain

 

帰りにアイスコーヒー用にマンデリンを深煎りで焙煎してもらいました。

その豆を飲み終わらないうちにまた通ってしまいそうないいお店でした。