読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローストポークを作ったよ

6連勤明け久々の連休にあわせ、平田牧場から平牧三元豚を取り寄せておきました。

今日はそいつでローストポークにしようとお昼ぐらいからのんびり準備しました。

 

ローストポークのレシピを検索するといろいろひっかかるんだけど、

今回はスパイスでマリネしてから焼く方法を採用。

アップルソースとグレービーソースの二種類を用意することに。

 

買い出しは、ミニチュアのブランデーボトルとローズマリー

クローブのホールとりんご。

りんごは紅玉を使いたかったんだけど、紅玉が売ってなかったから、

かけあわせた品種の青森産ジョナゴールドで。

ジョナサンって紅玉のことらしいですね。

この時期のりんごはちょっとお高いな。

あとは家にあるもので適当にやります。

 

下ごしらえ。まず、クローブ、そして、冷蔵庫の中で結構ドライになっていた

使いかけのローズマリーをすり鉢ですり潰します。

にんにくもすりおろして、すり潰したクローブ

ローズマリーナツメグを三元豚のブロックに擦り込む。

塩は肉1キロに対して11g程にしました。

昔読んだダンチュウにそのくらいの割合がよいと書いてた記憶があったので。

黒胡椒も全体に多めに挽いて、フレッシュなローズマリーと一緒にジップロック

詰め、冷蔵庫で寝かしておきます。

 

ついでにアップルソースも作ってしまいます。

りんごは皮付きのままいちょう切りにして、

無塩バター、シナモンスティックと一緒に片手鍋に入れて火にかけます。

最初水分が足りないと思ったので、少し水を足しましたが、

程なくりんごが崩れてきていい具合になるので、りんごを潰しながら煮ます。

仕上げにブランデーをふってアルコールを飛ばすように加熱してできあがり。

ココット等にとって冷ましておきます。

紅玉や、イギリスなんかのクッキングアップル(?)なんかだと砂糖を加える方が

いいらしいですが、日本の甘いりんごなので砂糖は使いませんでした。

 

ここまでで14時くらいだったかな。

16時くらいまで冷蔵庫でマリネしておいて、それから常温に戻しました。

常温に戻した肉をフライパンで焼き、肉汁を閉じ込めたのが17時くらいか。

 

さて、オーブン。

天板の上にクッキングシートの4つ角をキャンディーの包装のようにくるくる

ねじっておきます。(後で肉汁をソースに使いたいのでこうします)

そこにスライスした玉ねぎを敷いて、フライパンで焼き目をつけた肉を乗せ、

220℃に予熱したオーブンで、とりあえず45分を目処に焼きます。

https://instagram.com/p/5HC0R1O-uN/

 (こんな感じ)

 

もう一つの天板にはじゃがいもとズッキーニを並べ、オリーブオイルを少しかけ、

肉から遅らせて20分ほどでオーブンに入れました。

 

肉を45分くらい焼いたら鉄串、竹串などを真ん中に刺してみて、

肉の中まで熱くなっているのを唇の下に当てて確認します。(原始的)

スティック温度計等の素晴らしい文明の利器をお持ちの方はそちらでどうぞw

OKなら肉だけアルミホイルでぐるっと巻いて少し落ち着かせましょう。

クッキングシートには、焼いた肉から出たおいしい肉汁が溜まっているので、

これを小鍋に移します。玉ねぎは食べても食べなくてもどちらでも。

小鍋に移した肉汁に、この味付けもお好みでしょうが、

僕は濃い口醤油と赤ワイン、はちみつ少々を入れて煮詰めました。

これでグレービーソースも完成です。

 

あとは食べやすく切り分け、好きなソースをかけ、(合わせがけもアリ)

好きなお酒と合わせて頂きましょう。ボナペティート。

https://instagram.com/p/5HSf74u-u8/

 

ご馳走様でした。