読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪オフなど。(前編)

久しぶりに。

 

11月25日(金曜日)

午前10時半、地元の駅に到着。駅前のパン屋のカフェスペースで、イギリスパンのサンドイッチとアイスカフェラテで朝食。キヨスクでおみやげを買い、11時にバスに搭乗。Macで動画を見たり、東京ポッド許可局の「この世界の片隅に論」等を聴きながら。

15時半頃、大阪駅着。御堂筋線梅田駅まで少し歩いて、梅田→なんば→日本橋

ホテルにチェックインしようとしたら「17時からです。」と言われるので、荷物だけトランクルームに預け、その足でK2レコーズに行きCDを物色。ラブリーサマーちゃん等の流行りの新譜や、幻の名盤解放同盟のコンピ等の濃い昭和歌謡モノ、和ジャズ、洋ジャズ、レアグルーヴ、ライトメロウ和モノ、JB周辺のレディ・ソウルなんかを選んでぴったり30枚のパックで借りる。

18時前まで店にいたのでホテルに戻りひと休み。お洒落っぽいカプセルホテルのデスク付き個室の部屋。結構いい感じの設備だなと思ったけど、後々腹の立つことにいろいろと気付く。後述。

初日は誰とも予定を入れてなかったので少し前から食べログで検索していたお店を参考に裏なんば周辺を散策する。日本酒のかなりいい銘柄が揃って、たった1480円で飲み放題の店を見つけたのでそこに。

祐星 ウラなんば店

食べログ祐星 ウラなんば店

https://www.instagram.com/p/BNOnrsABcCO/

 このラインナップが1480円で飲み放題って破格では。

https://www.instagram.com/p/BNOny2PBrs4/

磯自慢と付き出しから。

https://www.instagram.com/p/BNOn91BB1xt/

刺し身盛り。カツオ、天然ヒラメ、太刀魚で500円。

 

https://www.instagram.com/p/BNOovxRBX6g/

アテ盛り。ポテサラ、梅クラゲ、カニ味噌の3種で480円。

 

安い。安すぎる。き六のロックも挟んで、日本酒7、8杯は飲んでしまった。

 

https://www.instagram.com/p/BNOvu2YBeV6/

あと2品ほど頼んで、〆につくね。チーズと大根おろし。大きい。各200円。

全部で4000円ぴったりくらい。ベロベロ。

久しぶりにこんなに飲んで最高な気分。

 

https://www.instagram.com/p/BNPGr_wBD91/

明日ライブを見る会場の味園ユニバースも歩いてすぐのところ。怪しく輝きながらそびえ立っていた。この日も誰かのライブがあるのか、入口前には行列ができていた。

 

この辺りも数度訪れているので景色も見慣れてきた。徒歩でホテルに戻り、隣のローソンで水を買う。あれ、水? 六甲のおいしい水を買ったつもりでいたが、カルピス入りの甘い水を手にとっていたようだ。部屋で飲んで吹き出しそうになる。それぐらい酔った。

で、この時になってやっと気づいたのだけど、このカプセルルーム全体に暖房が入っていない。めちゃくちゃ寒い!さらに、僕の個室の壁一枚挟んだ隣が、朝食を食べたり軽くビールなんか飲めるカフェ・バー。そこの客の話し声が丸聴こえなのだが!うるせえよ!そこそこ高い金払ったのになんなんだこりゃ。これじゃビジネスホテルの方がだいぶマシだよ。ただまあ、時期的なこともあるし、アジア系の観光客の増加も依然続いているのだろうか、大阪・京都でそこそこのホテルがなかなかとれない状況。こういうところに回せるお金が少ないのは辛いものだな。

2時くらいまでMacで作業したり、配信を見たり。明日のイベントの見たいメンツは夕方くらいの出番なので、ゆっくり寝るつもりでベッドに入る。だが、このロフトをよじ登るようなベッドも転がり込み辛い。もっと酔っていたら踏み外していたかも。このホテル次は使わないだろうなーと思いつつ就寝する。

 

11月26日(土曜日)

 

「はあ、よく寝れた」と思って目を覚ましたらまだ朝の7時半。カプセルホテルなので、ビジネスマン達が飛び起きるための目覚ましがアチコチから鳴り響いて合唱状態になっている。チェックアウトに遅れないのはいいことだが、10時まで寝たい人には地獄ではないか。これがカプセルホテルというものなのだろうか。シャワールームにシャワーを浴びに行く。ここはしっかりしていて綺麗。よくあるビジネスの安宿よりも、いいシャンプーやアメニティーを使っている。使い捨てのスポンジもいい感じだし、シェーバーやアフターシェーブのローションみたいなのも備え付けてある。だが、歯磨きで口を濯ぐためのコップはない。サービスのゆき届き具合と、至らなさ具合とのギャップが激しい。これは "もう少しがんばりましょう"というハンコを押されるだろう。

こんなに早く起きてもすることがないので、騒がしかったカフェスペースに行って朝食を頼む。600円でセルフサービス。サンドイッチの具材とパンが並んでいる。自分で挟んで食えということだ。ホットサンドメイカーも置いてある。使う気にはならない。コーヒーやオレンジジュースがおかわり自由なのはいい。ささっと食べて済ます。寒くて風邪をひきそうだけど、鼻をかむティッシュも備え付けてないので隣のローソンで鼻セレブを買ってくる。そして、これだけ早朝だと外でやることもないので、昨日借りたCDをリッピングしまくることにする。11時頃までに半分以上は片付いた。 ランチは行きたかったカレー屋に行こうと決めていたので部屋を出て向かう。

 

ドーム前千代崎というのは、日本橋千日前線から長堀鶴見緑地線に乗り換えて4駅くらい。京セラドームのあるところだ。みんなが降りていくのはドームの方の1番出口。BIGBANGの服を着てる人を数人見かけたんだけど、ライブがあったのかな? 僕が向かうのは閑散とした2番出口の方。そこから5分くらい歩いたところに目当てのお店はあった。

 

ロッダグループ

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270401/27056190/

スリランカ人の料理人が二人と、店を切り盛りしているおねえさんが一人。店内は10席のほどのカウンターと小さなテーブル席が奥に6席くらいか。席に着くと今日のスペシャルについて説明される。「今日はねぇ、イノシシと、鹿と、鮭の白子のカレーがありますよ。」ということで、 んーむ、どれも気になるな・・・。正直なところ一番気になったのは白子だ。鮭の白子のカレーなんて今まで食べたことがない。しかし、冒険し過ぎな気もするので、ここは少ーしだけ無難に肉のカレーにしておきたい。一番人気はレギュラーのマトンカレーだとおねえさんは言っているが、せっかくだしスペシャルにしときたいよなと思い、ここは鹿を選択してみる。ライスはバスメティ(バスマティ)を選択する。スリランカ人のお兄さんが僕の体格を見て「大盛りダヨネ?」と聴いてきたが、「普通でいいっすw」と答えておいた。

 

f:id:wucha:20161129111629j:plain

 「鹿肉のギャミラサ」

このスタイルのスリランカカレーは初めて食べる。フレッシュな野菜や果物が彩りよく盛られていて、上にとても辛い鹿肉のカレーがかかっている。「全部混ぜて召し上がってください」とのことで、混ぜ混ぜしてガッツリと一口頂く。これは・・、「うまーい!」と思わず声が出る。野菜の歯ざわりや果物の甘さとカレーの濃厚さが混ざって、サラっとしたバスメティライスに見事に合っていておいしい。辛味も混ぜるとそれほどでもない。辛さだけなら、東京で食べたカレーにもっと辛いものがあったぐらいだ。普通の盛りでいいよと言ったけど、量も結構あった。水はたっぷり飲む。最後に頂くバナナとミルクティーのおかげで、口が火事のまま帰らないで済む。1600円はちょっとお高い気もするが、たまーに食べに来るなら全然いい。他のカレーも試してみたいし。大阪に来るときはまた寄ってみたい店だった。

ライブまでもう少し時間があるのでまた部屋に戻る。清掃中かつ連泊するような珍しい客も僕くらいなので、従業員も、なんだかばつが悪そうな感じだが。部屋に戻ると、カフェの方からラジオの音声が爆音で聴こえてくる。まあ、掃除しながら聴いてんだろうし、怒ってもしょうがない。あと少し残ってるリッピングを片付けてCDも返してしまって、日本橋の中古CDショップとかをもう少し見て回ろうと思い作業する。

K2にCDを返し、日本橋のまだあまり行ってなかった奥の方を歩いて回る。行き交う大阪のヲタクは東京のヲタクとも違っていて独特な雰囲気がある。目当ての中古CDショップを見つけるが、これがさっぱり芳しくない。安くもなく、面白くもない。まあ、この店がつまんないだけで、他におもしろいとこがあるんだろう。ならばもう味園に向かうことにしようか。

(後半へ続く)